ショアジギングin【聖地】隠岐の島

オカッパリ

アングラーのあこがれの地【聖地】隠岐の島の釣り記録を投稿します。隠岐の島はまさに釣りの聖地と言われ関西や東海地方からも釣り人が訪れます。隠岐の島へ行ったら1日で帰るのはもったいない、2日は釣りして帰らないと!と言われるほどです。自分らはこれまでに3回行ってます。隠岐の島は島前と島後があり、島前は西側の有人3島及び周辺の無人島で構成され、島後はその東側の大きな島です。

1回目の釣行は松江市の七類港からフェリーで隠岐の島町の西郷港に渡ります。かなり大きなフェリーですが、けっこう揺れました😱💦。西郷港に着いたらレンタカー借りました。着いてからGoogleマップで漁港を検索し、エギングしました。10月中旬とあって秋の新子ちゃんが2人で約20杯くらい釣れました。小さいのはリリースし大きめのを数杯、この日の宿泊先の「民宿渡船浜田屋」さんへ持ち込みました。地元でとれた旬の魚介類と釣ったアオリイカをさばいてもらい大宴会🍺です(笑)。

次の日、沖堤防に渡りショアジギングで小さいけどヒラマサ55cmくらいとシマアジ45cmをそれぞれ上げました。

2回目の釣行は七類港から福友渡船にて島前の地磯に渡りました。この渡船は片道2時間弱かかります。距離も結構あるので値段もそこそこ高いのですが、【聖地】隠岐の島とあり遠方から釣りに来る人が多いです。この日は2月中旬で、ほとんどの人がフカセ釣りでグレやチヌ狙いの人です。「この時期にルアーで来る人も珍しいなぁ~」とか言われながら乗船します(笑)かなりの高速で走り揺れもすごいですが、2時間弱で磯に到着。めちゃくちゃ雰囲気良いです😍

2月中旬で冬の日本海なのに風もなく、波も穏やかでした😊

開始からジグを投げまくります😡しかし、アタリもなく時は過ぎます…。昼になって自分が弁当食っているときに、オヤジが「なんか重たい!?来たかも!?」見ると竿がグイ~んと曲がってます(◎_◎;)上がってくると70cmオーバーのマダイでした!釣ったルアーはDUELのモンスターショット!

デカい!?😱

その後、3時間くらいはアタリもなく時は過ぎ、夕方4時過ぎくらいから海がざわつき始めます。ジグパラTGをキャストして着底後、速めのリトリーブでガツンとあたってきます。釣りあげたのはマダイ50cm、続けてまたまたマダイ45cm。綺麗なマダイです😍その後、根魚もけっこう2月のルアー釣りにしては二人とも大満足でした😊

綺麗なマダイです😊
オニオコゼ!?😱
釣れてよかった🤗

3回目は6月のベストシーズンにまたまた、福友渡船にて島前の磯に渡りました。今回はm級のヒラマサを釣るぞ!とタックルも新調し気合入れて😡いきましたが、この日は潮が悪く、全く釣れませんでした…😭。まあ、いくら【聖地】隠岐の島とはいえこういう日もあります。チームのしゅうがイサキを1匹釣っただけでした…🤣。夕方、かなりの爆風になり恐怖を感じましたが、船長が早めのに迎えに来て納竿です。

【聖地】隠岐の島の釣行は、確かに1日だけではもったいないと感じました。魚影は濃く、磯に1泊して2日間釣りをする人もおり、船で釣りに行くより釣れるかもしれません。時間とお金に余裕があればまたチャレンジしたいと思います。

福友渡船 | 福友渡船は知夫里島へのチャーター瀬渡し船です。

福友渡船ですが、定期的に見回りも来てくれて、美味しい弁当も配達してくれます。途中の磯替わりも要望すれば応えてくれます。ぜひ、大物狙いにチャレンジしてみてください😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました